カテゴリ:未分類( 31 )

明けおめっ

 用意したパック酒を飲み切ってしまい、
お年賀用の月桂冠の口を開いてしまう。

 さすが瓶に入った酒は旨い。
今年は、瓶に入った酒とか、第3のビールじゃないビールを飲めるように頑張ろう。

  ☆   ☆   ☆

 数年間遊んで貰ったブログだけど、
そろそろお暇する時期みたいだ。

 あ~りがとうっ

  ☆   ☆   ☆

 今日からルーマニアとブルガリアがEUに加盟。
当初はスペインの加盟さえお荷物だと難色を示したEU統合も、いよいよここまで来たのかと感慨深い。しかもたったの5年で。
 アジアの国で言えば、東ティモールとかミャンマーとかいった政治情勢も経済もヤバかった国じゃん。

 ドラスティックに変わる事、普遍的に続く事、どちらも真実でどちらも私達の暮らしに密接している事なのだと、改めて思う。
 EU統合が教えてくれる教訓は多い。

 当初80円台で始まった1ユーロが昨年150円を越えた。
ここ数年で250円位の水準には行くのだろうという強気の予測もある。
ルーマニアやブルガリアというような経済的にも“遅れた”国々を抱え込んでも尚且つである。
 
 この事は、先進国と呼ばれてきた、旧西ドイツとか北欧の国々の、
トレランスつまり寛容によって成されてきた事で。
 自国、個人の繁栄だけでなく、側に居るみんなが安定すれば、それが結局EU域の安定に繋がり、そして自国と個人の安定にも繋がるのだと信じた結果だ。

 言うは安しだけれど、やっぱり自分や自国の平和だけをついつい優先させてしまい勝ちだよね、アタシ達。

  ☆   ☆   ☆

 日本が破竹の勢いだった頃、自信を失っていたEU主要国の人々は、
今、アジア各国に対して、『格が違うンだよねっ』と余裕のよっちゃんだ。
 明らかに物価水準が日本は低く、『アジアって物価安いよねぇ~~』とお大名旅行にやって来る。

 アタシタチこの失われた17年間に何をしてきたのでしょうね。
自分の地位を下げただけではないの?
 信頼貯金残高を無くす為だけに頑張ってきたのではないの?

 アジアの国に興味を示さず邪険に扱って。
結果、自分たちがワーカホリックかワーキングプア~のどちらかに属さなければならなくなって。

  ☆   ☆   ☆

 2007年の目標。
側に居る人達を信頼する事、寛容する事。

TB to
EU、新年から27カ国に拡大 ユーロ流通は13カ国に [ 12月31日 17時22分 ]
共同通信
<欧州連合>1月1日にブルガリアとルーマニアが加盟 [ 12月31日19時21分 ] 毎日新聞
[PR]
by oooo0 | 2007-01-01 00:00

辛い時間のやり過ごし方

 今日は辛い。そして今は夜だから、余計に物思いに耽ってしまっている。
目を閉じると、頭の中をぷかぷかと雲みたいにランダムに後悔ばかりが浮かんでは消える。

 いつものようにテレビの駄番組を観ても無邪気には入ってこない。
頭の中は綿みたいな物に占領されている。

 こういう状況ってそう言えば過去にも何回もあった。
でも、どうやってやり過ごしていたのだろう?
技法を習得出来れば、今後楽になるね。

 普段なら簡単に夢中になれる物に興味が湧かないのだ。
例えば、ニュースにトラバで突っ込むったって。
こういう時には自分の頭の中を占めている後悔より、大きいニュースは見当たらない。

 少なくとも後悔という事は、過去の事ばかりだ。
過去のジャッジのミスが積み重なって、ドカンという状況が起こる。
起きて初めて、ミスの食べ合わせがハズレだった事に気が付く。

 起きるまで全く気が付かないかというと、
大概の場合危ない危ないとは思いつつ、
効果的な対処が取れず、時にはミスを重ねる。
[PR]
by oooo0 | 2006-09-29 00:00

最近、身辺でプチ姉歯事件が起こっている。

 →という訳で、前からの続き

 最近、身辺でプチ姉歯事件が起こっている。

 ずるずると問題が先延ばしになっているとヤキモキしていたのだが、発覚した途端に、上司が突然色々言い出したので状況が変わったとか、周囲の人間が使いものにならないとか、誰々の為に早く進めて下さいとか、今まで全くノータッチだった人達に突然参加を求めたり、もうあらん限りの人々を巻き込もうと必死。そして、それが、自分がすべき時期に何も手を打たなかった事で、問題がどんどん大きくなってしまっているという基本的事実を、認めようとしない。自分の置かれている状況を哀れに綴って話をすりかえる。かと思えば、立場を誇示して脅しまがいの事を言ったりして、もうたちが悪いのなんのって。

 散々立場を利用して言いたい放題したい放題しといて、急に上司からの指示でしましただとっ。アホっ!アルバイトじゃあるまいし、50づら下げたオヤジの態度とは思えん。恥を知りなさいっ!

 普通にひとつひとつ仕事を進めていれば、何の問題もなかったのに。出来ないなら最初から出てくるなっ!

 当たりの柔らかい人なので、頼りないけれど、間に入って苦労しているンだろう、位に思っていたが、とんでもない。プチ姉歯だ。
 こいつがすべての震源地。一見いい人なのに上下横斜めのどこにも人が寄り付かないのはこの為だったか。

 姉歯も、今までに何度も、適当な事をして、発覚すると周囲を巻き込んで、どうにか納め、その度に周囲から人が離れて行くという繰り返しをしていたのかも知れない。それでもどうにか生きていけていたから、ああいうエスカレートした事件が起きてしまったのかも知れない。

 側に居るだけで、ある日突然、巻き込まれてしまうような姉歯人間。
近づいてきた途端に、確実に蹴飛ばさなければならない最高レベルの注意種なのかも知れない。
[PR]
by oooo0 | 2006-09-13 14:55

姉歯人間に近づくべからず

 事件発覚から暫くは、
もうマンション、建築業界はみ~んな揃ってプライド0な恥知らずだらけ。最低っ!
という、品格の無い事件だったけど、最近の様相はかなり違う。

 やっぱり姉歯がいかんのだ。
適応できる法律がないから、悪人や悪徳会社を罰せられないのではない。
やっぱ姉歯が、自分の判断でダメダメな事をし続けた挙句に、発覚した途端に、周囲の関係各位の非を持ち出して、自分だけが悪いンじゃない。自分はただの非力な人間なんだ、と弱者パワー全開で周りすべてを巻き込んだんだ。

 感謝こそすれ、道連れにすべきではない、周囲すべての人を関係者として矢面に立たせて、保身した。
 長年お世話になったクライアントも、信頼してくれていた検査機関も、設計事務所も、家族までも。
 そして、メディアもTVのヘビーウォッチャーの私も、みんな、姉歯の文脈にのみ込まれた。

 よくよく考えれば、少なくともコイツさえ自分のパートを逸脱しなければ、こんな大事には至らなかった訳で、それぞれ完璧ではないかも知れないけれど、自分のパートを尊厳を持って遂行するってのが、プロの世界の掟じゃないか。
 姉歯が頼りなくとも、そのパートを任せられるプロとして、接してあげてきた周囲の人間達を、発覚した途端に、自分の保護者でもあるような甘えた態度で、加害者側に引っ張っていった。

 姉歯は発覚してしまった後の対応が、人間のカスなんだ。

 その技法は見事だけれど、最低限の良心を信じていた周囲の人たちにとっては、もう踏んだり蹴ったりを通り越して、ただただ、こんなヤツと関わりになった損でしかない。
 コイツの未来は発覚した途端に終わって構わないけれど、命を絶った人たち、会社を潰した人たち、失業した人たち、罪人呼ばわりされた人達とその家族、それから家を失い健康を害し、多額のローンを抱えた人たち。コイツの無自覚のせいで人生を狂わされた人間が多過ぎる。

 でも、コイツは相変わらず、極悪人ではなくて極端に創造力の足りない弱者に見えてしまう。のらりくらりと要所から人々の視線をそらせようとする。

 要は、そこが最大にして唯一の問題なのだ。コイツは頼りないけれど、積極的に何かを出来るような人間ではない、と周囲の人間もたかをくくり、彼もそれに甘え続ける。自分の人生を自分で背負うという事を放棄して、ふらふらと、場当たり的に生き続ける。

 結果として側に居ただけの人間達が取り返しのつかない痛手を受ける。

 コイツは、普段接するには、キリキリしていなくて、柔らかくて楽なヤツなのだろう。イラついたり、ムキになったり、シャカリキになったりしない穏やかな性質なのだろう。

 普段暮らしていても、程度の差こそあれこういうヤツって結構いるよね。人にも優しいが自分にはもっと甘い。

 という訳で、次に続く→
[PR]
by oooo0 | 2006-09-13 00:00

普通においしい、のがいいよね

 最近結局家食が1番だっ~と思う。

 人のうちで食べると、おいしい、おいしいを連呼しながら食べなきゃならない。
外で人が決めた店で食べるときも、おいしいって言わなきゃなんないし。おごりなら、口か裂けてもイマイチの店だとか、高いねっなんて言えないし。

 家で自分が食べたい物を食べたいように作って食べれば、やっぱ普通においしいに決まっている。
だから無理しておいしいって言わなくてもいい。
ハズした時は、まじぃ~って言っても誰も傷つけないし。
残しても手を付けなくても失礼でないし。明日食べりゃいいんだモン。

 だいたい普段の暮らしの中で、そんなに特出しておいしい物とかまずい物とか食べなくてもいいんじゃないかと最近は思う。別に、呼吸するみたいに、食物摂取と排便の循環が出来ていればそれでいいんだよね。

 それでも外食するのは、人と一緒に時間を過ごしたいからだ。
本当は食べ物なんかどうでもよくて、あなたといい時間を共有したいから、会話をスムーズにする為に食物を摂るのだ。と開き直りたい。

 などと書いていても、実は結構簡単においしいと思える自分がいる。
作り手の顔が見えれば、おいしさは倍増する。感謝の気持ちがおいしいという言葉で済むなら安いもの。プロでも素人でも同じ料理好きとしては、ひと言言いたくなっちゃうンだよね。
 でも、おいしいの安売りはこれからは慎もう。
[PR]
by oooo0 | 2006-09-11 00:00

運転免許講習がうざかった

 免許の書換えをした。

 優良運転者なのに、運転免許講習が申請日とは別の指定日。
バカデカイ公会堂に集められ、
ビデオ上映が途中で打ち切られると、自称警察OBの老人の“講和”が始まってしまった。
その内容が、市内で事故にあった人たちの個人情報垂れ流しで聞くに堪えない。こんなの聞かなきゃ免許を交付しないなんて、警察権力の乱用だ。

 最後に、
 私の講和はここまでといたします。
ご静聴ありがとうございました。ときたモンだ。

 老人の与太話を強制的に聴かされる為に、わざわざ仕事を休まなきゃなんないのか、この国。

 その後の免許証を渡すダンでも、
マイクを通して、知合いに挨拶したり、個人の服装にコメントしたりと、やりたい放題。
 もう自分でブレーキが掛けられない。

 判断力が下がっちゃって、免許証を返還させた方が良いレベルの老人に、
こんな仕事を与えとくンじゃないっ県警っ!
 こういう老人が事故を起こすンでしょ。
[PR]
by oooo0 | 2006-09-10 00:00

“結婚できない男”に言われたひと言

 そう言えば昔、結婚できない友人男性から言われたひと言。

 君は脇が甘いんだよね~。
と、彼は偉そ~うに言った。

 けど、
男は女性のそういうところを好きになるものよ。
あなたも、私のそういう部分が好きで、片思いしてたンでしょ。

 人の分析は出来ても自己分析が出来ないから、
片思いのまま終わるのよねぇ~っ。
[PR]
by oooo0 | 2006-09-06 00:00

好きな☆温かい世界

 普通こういう記事は、放送の前に、番宣として書かれる。
けど、翌日になって載るところが、いかにも児玉清さん、博多華丸&大吉さんのお人柄。

 ホ~ント、お互いを気遣った、温ったかぁ~い番組でした。

あ→ アタック25に、
い→ いよいよ、博多華丸&大吉さん登場っ!
う→  嬉しいけれど、ちょっと心配。
    華丸、大吉さんの、
え→ 遠慮がちで謙虚な姿が、好印象。
    児玉さんは平常心を装っていたけれど、
    いつもより“アタックチ~ャンス”の右手のこぶしを余計に振っていて、
お→ お見事っ!

tb to
児玉清 売れっ子文化人になっても淡々と… [ 09月04日 10時00分 ] ゲンダイネット
[PR]
by oooo0 | 2006-09-04 00:00

Dance in a cemetery

 浮世の流れに飛び込んでいくのは、やっぱりこわい、勇気がいる。
すでに挫けそうだ。

 何やかや言い訳をつけて、ずるずる先伸ばしにする。
臆病に、すぐに殻に逃げ帰る。ヒトのせいにする。

 年をとると共に、
美しい物だけに囲まれて生きていたいという気持ちが強くなる。
人の心の醜さとか、強欲さ、乱暴さとかを見ないで済めばいいのに、と思う。

 友人から同級生の墓参りに誘われた。

 何10年も前に、未来を失った青年。
清く、希望に満ちたままで逝った青年。
自分も又、純粋で、生きるに値する未来を信じて疑わなかったあの頃。

 今では、その確信はない。
けれど、あの先の現世を、とりあえず生きている自分を、
彼には素直に自慢できる気がする。

 私には足が付いている。
だから、今でも踊れるよ、と。
[PR]
by oooo0 | 2006-09-01 00:00

夕立に助けられるトレランス

 久しぶりに纏まった夕立が来て、キブンがイッキにスッキリする。
“ひと雨来るといんですけどねぇ~”
な~んていう風雅な挨拶を思い出す。

 ひと雨来て、良かった。

 こんな風に、昨日の続きの今日とか、さっきの続きの今、今の続きの後とかを、断ち切る“仕掛け”を、自然は持っている。
 尊敬できる、私のフィールド。


 ここのところ、どうも予定範囲とか想定範囲内で収まらない状況で身動きが取れなくなっていて、堪っていた。夏だから務めて寛容に過ごそうと思っていたけど、そうとばかりは言ってられない状況になってきた。

 何で、穏やかで相手を尊重する態度をとるとそれに甘えてしまうのだろう?
コノ人は怖くないからまぁいいやって、適当で礼を欠く事、平気でやっちゃうンだろう?

 大方の場合、人に寛容な人は自身にはもっと寛容だ。
それは寛容という範囲を超えて、場当たり的ジコチュウという意味だけど。

 ちゃんと誰に対しても丁寧語で話して、誰がした事も同じジャッジをする。そんな接し方を通したいのに。世の中には強く出なきゃナメたマネを止めないヤツが多過ぎる。 
 毅然と正論を言うと、急にビビり出して卑屈になってバタバタする。

 私はなぁなぁでホンワカした空気が好きだ。
互いに尊重し過ぎるくらいに尊重して、それでも自分の至らなさに日々反省してしまうような。謙虚でいられる場所。

 そういう場所を桃源郷っていうのかなぁ~。
今、夕立に閉じ込められているこの時間のこの場所も、1種の桃源郷かも知れないねっ。
[PR]
by oooo0 | 2006-08-30 00:00