ぱっとしないオリンピックに、

 そろそろみんなひと事言っている。
 
 二ノ宮清純さんは、
札幌の次もメダルはゼロ。
長野後の燃え尽き症候群が長引いているだけ、
との発言。

 週間子供ニュースでお馴染みの池上さんは、
国威発揚の目的が終わった証との見方。
 発展途上国や旧共産圏国では、
国の代表だとか、メダル獲得数を強調するが、
成熟した国では、個人の競技者の出場する総合大会という位置付け。



 橋下弁護士は、
JOCへの国からの予算が低いという指摘をしていた。

 どなたかのブログでは、
選手数よりJOC関係者数が上回る状況に問題有りとの指摘。
 確かに、他の政府系外郭団体同様、
お偉い方の居場所を確保する為にあるような協会。
 少なくとも“勝つ”事を目的にした組織体系にはない。

 なる程なっ。
オリンピックも官主導から民主導への変換期なのかな?

TB to
<トリノ五輪>苦戦続く日本勢 メダルゼロに国内でも波紋 [ 02月18日 13時24分 ] 毎日新聞

関連記事
今日は、鳥のオリンピック
トリノオリンピックとメディアとの関係、上村愛子さんの体制
[PR]
by oooo0 | 2006-02-20 00:00 | 世事
<< マリファナも売春宿もある意味、... 穏やかな早春の休日を感じるぅ~ >>