青森県五所川原市の娘虐待事件で、校長の取った対応

青森県警五所川原署は6日、中学2年の三女(14)を虐待し軽傷を負わせたとして、傷害の現行犯で母親(51)=同県五所川原市=を逮捕した。
 悲しい事件ではあるが、典型的な3面記事でもある。

 けど、たまたまショッキングな映像を見ちゃったんだ。

 校長がインタビューに答えているのだが、
顔にモザイクがかかっている。

 言っている事は、通り一遍の、
生徒の心が心配って感じなんだが、
何か、顔出し出来ないような事でもしているのか、この人。

 生徒を預ってる責任者としてインタビューされているのであって、
私的な立場で感想を聞かれてるワケじゃないんだから、
そんなデリヘル嬢みたいな事しちゃダメじゃん。
さんま御殿に投稿したのとは、ワケが違うンだからねっ。

ソース
娘虐待で母親逮捕 95年にも息子死なす [ 02月06日 13時18分 ] 共同通信



 世の中に流れているニュースって、
必ずしも事件の本質が社会に与える影響力と、
扱われ方が比例していなくて、

 解かり易い映像がついていれば、
編集し易いし、人々の興味を惹き易い。

 だからこの校長も、
取材自体を断れば、ニンピな教育者と思われるし、
全国放送されるニュースに顔なんか出たら、
東横イン西島社長みたく、失言で叩かれるリスクを負う。

 だから、モザイクならokしましょ~と、
中途半端な映像になってしまい、
余計に目立ってしまったってワケ。

 勿論、今のメディアの状況にも、
多くの問題点はあるけれど、

学校1校をまかされている立場の人間として、
この校長のとった選択肢は、
恥ずべきである、と思う。
[PR]
by oooo0 | 2006-02-07 00:00 | 世事
<< 西室泰三氏備忘-財政審会長に就任 食べ放題的な >>