豪雪報道、加熱じゃない?

f0035433_1833470.jpg 津南とか、栄村とか飯山って元々豪雪地帯で、解かってて住んでいるのだから、
報道を加熱し過ぎて、除雪も過熱し過ぎなのではないか、と思う。

 陸の孤島1週間って、
 日本には、孤島1ヶ月なんて所は、ざらにあるじゃん。
小笠原列島とかトカラ列島とか。

 ビルが建っちゃう程の除雪費用を掛けるより、他に方法があると思う。
健康管理や必要物資は空輸等で対処する、とか。

 高齢者は、封鎖されない場所の親族の家や老健施設で安全になるまで過ごす、とか。

 除雪のマンパワーに巨額の税金を投入するより、
 悪天候で飛べる乗り物の開発費に当てるとか、
“孤島化注意地域”の住民達に、コンピュータを配って情報共有する、とかした方が先々にも有効だと思う。

 先の見えぬ除雪費用に比べたら、情報基盤整備の方が断然安い。

 1軒だけじゃなく、数10軒あるのだから、避難所になる堅牢な建物を建てて、1冬分の食品や灯油を備蓄しておく、とか。

 津南、栄村、飯山って、自然が深くて素敵な地域なので、
豪雪地帯ってイメージだけが強く付いてしまうのは、なんとも残念。

 民放のレポーターが、意識的に“凄んごい積雪”の前から中継してるのが、
台風中継みたいにざ~とらしくて嫌。 
又は、昔の国鉄のストの日の品川駅のホームからの中継とか。
[PR]
by oooo0 | 2006-01-14 00:03 | 世事
<< 病ズバッ! ここんとこの事 >>