運転免許講習がうざかった

 免許の書換えをした。

 優良運転者なのに、運転免許講習が申請日とは別の指定日。
バカデカイ公会堂に集められ、
ビデオ上映が途中で打ち切られると、自称警察OBの老人の“講和”が始まってしまった。
その内容が、市内で事故にあった人たちの個人情報垂れ流しで聞くに堪えない。こんなの聞かなきゃ免許を交付しないなんて、警察権力の乱用だ。

 最後に、
 私の講和はここまでといたします。
ご静聴ありがとうございました。ときたモンだ。

 老人の与太話を強制的に聴かされる為に、わざわざ仕事を休まなきゃなんないのか、この国。

 その後の免許証を渡すダンでも、
マイクを通して、知合いに挨拶したり、個人の服装にコメントしたりと、やりたい放題。
 もう自分でブレーキが掛けられない。

 判断力が下がっちゃって、免許証を返還させた方が良いレベルの老人に、
こんな仕事を与えとくンじゃないっ県警っ!
 こういう老人が事故を起こすンでしょ。
[PR]
by oooo0 | 2006-09-10 00:00
<< 普通においしい、のがいいよね “結婚できない男”に言われたひと言 >>