イビチャに夢中

 スポーツは全般的に興味が無いのだが、
ここのところオシム監督の会見が見たくてx3、スポーツニュースを観てしまう。

 当ったり前の事ばかりを言っている。
でも、当たり前の事を日本のメディアは伝えてくれないで、歪曲してしまっていたから、ナカ~タとかジ~コとか、段々黙っちゃったンだろうと思う。
 どうせ、真意は伝わらないンだと諦めに似た気持ちで過不足ない言葉だけを選んだのだろう。

 スボーツって筋肉だけじゃない。ルールに則ってスピード感の溢れる知的ゲームだという事を、イビチャは実践しようとしているし、日本人には、知的に面白いという感覚は解かるハズだと説く。



 召集された選手たちの顔が輝いていて、見ていて楽しい。

 それは、同年代のライバル達の中から勝ち組みに選ばれた自信というよりは、
新しいフェーズに挑戦する切符を手に入れたワクワク感のように見受けられる。

 日本の国内リーグでどんなに活躍してるからって、その方法論のままでワールドカップでもそれなりに通用するハズないよねぇ。

 体型や身体能力は同じようなモンでも、違う世界なんだと思う。
 例えば中学受験と大学受験の違いのようなもので、
問われている能力や知識、資質、etcみんな別物なんだろうなぁ。

 高校までは、世の中で周知されている事を身に付ける為の勉強。
大学や大学院は、誰も解明出来ていない事を考えたり実践したり、立証したりする場。

 どっちが上、下ではなくて、国内リーグで力を発揮出来る選手と、ワールドカップクラスの敵味方とやった方が面白がれるタイプの選手と、色々居そう。

↓↓↓別に仰天!すっ程の発言じゃなかろう
     まだ成長過程なのに、
     勝ち負けにこだわって自身を縛るボクシング父子の方がよっぽど仰天さっ

TB to
オシム仰天初陣会見で“負けから学べ”の考え打ち出す [ 08月09日 08時05分 ]
サンケイスポーツ
[PR]
by oooo0 | 2006-08-09 00:00 | 世事
<< スポーツ紙もイビチャから学べっ! 責任回避にしか聞こえない自治体... >>