勝利の喜びと負ける悔しさを味わいたい、と王監督は言った。

 王監督の退院会見。
ニュースやワイドショウをハシゴして何度も観ちゃったよ。
観る程に味わい深い会見でR

 選手たちと、
勝利の喜びと 負ける時の悔しさを味わいたい。

 そんじょそこらの愚人には、負ける悔しさを味わいたい、とは言えないでしょう?
世界の王でも、今だにしょっちゅう負けているのだ。

 ちと前まで、勝ち組み負け組みなんていうつまらない流行語が蔓延していたけど、人生はそんなに薄っぺらいモンじゃないよなっ。
 拘束直前の村上さんの会見の???と大違い。
自分が嫌われたのはお金を儲け過ぎたからって何それ?
こういう、いっぱいいっぱいの若ゾウを勝ち組みっておだてて、日本の近未来を託そうとしてたかと思うとぞっとする。



 そしてもうひとつ。
 私はいつもおいしい物を食べていると自負しているが、…。

 これは胃を全摘出して食餌制限の中、テレビでグルメ番組や料理番組が気になって…、というくだり。
 私も友人が消化器系の癌で食物が摂れなくなった時、テレビや雑誌で食べ物の事ばかり扱っていて辛いなぁ~と思った。食物が摂取出来なくなった友人にはさぞや酷な映像だろうと思った。
 王さんの言葉には、ご自身だけでなく、同じ思いをしている人達に向けての優しい気使いが感じられた。

 そして、いつも食事をしている料理店への心配りがいっぱいの言葉。敬意を払う言葉。

 自分だけがお偉いのじゃない。頂点なのじゃない。
お互いに尊敬しあって日々を過ごせるから、自分や選手達の野球の能力も充分に発揮出来ているのだと、周囲の人達への感謝の気持ちを言葉にしたかったのだと思う。

 強く美しく年輪を重ねている人にしか醸し出せない上質感だ。

TB to
<王監督退院>「勝利の喜び味わいたい」現場復帰へ意欲 [ 08月02日 13時20分 ] 毎日新聞
[PR]
by oooo0 | 2006-08-02 00:00 | 世事
<< 責任回避にしか聞こえない自治体... やっぱ欽ちゃんは、日本の良心な... >>