次期首相適任かどうか、最低限のところはやっぱ年齢だと思うんだけど。

 週末、NHK日曜討論に、
珍しく福田元官房長官が出演していたので、
ついつい話に聞き入ってしまった。
 テーマは小泉政権5年。

 小泉政権の5年間の成果として、
■行政主導から政治主導への転換。
■バブル崩壊や人口減少などの社会構造の変化に伴う基盤整備が遅れていたが、
 それに道筋をつけた。
 、などを揚げていた。



 時期が時期だけに、出馬表明めいた言葉も引き出したい
NHK解説委員に対して、
絶対匂わせない。
 相変わらずカッコイイ。

 その他のデリケートな問題に対しても、
全く失言が無い。
 いつまでも荒削りな昭和臭の政治家達とは一線を隔して、非常に緻密。

 web newsでは、
首相の靖国参拝には否定的のように書かれているが、
私はそうは取らなかった。
確かに小泉首相が参拝したのは、周囲の制止を聞かず強引だった。
今後、出来れば参拝せずに済めばそれに越した事はない。
しかし現実問題その時その時の状況に拠る。
そうとしか言っていない。

 福田さんは相変わらずソフトな物腰なのに芯の通った思考。
高齢だけれど、この方なら大丈夫そうな気もする。
ご両親共に高齢になっても思考がしっかりしていたし、健康だったし。

 福田さんのような限られた人は別として、
これから首相等の要職につく人は、50代前半の比較的若い人が良い。
 そろそろ長期政権が日本には必要だ。

 脳のトレーニングで売出し中の、東北大学川島教授によれば、
前頭葉がマトモに機能しなくなっていくのが、
早い人では60代から。70代では3割にもなるそうな。
小学生でも簡単に解ける問題が出来なくなるのだそうな。
体力も大切だけど、知力はもっと大切。
国というおっきな組織を抱えている以上、
基本的なリスクを抱えている人に任せられないよ。

 それから、そういう科学的医学的客観性を理解しようとしない、出来ない、
知的でない人間も不適格だ。

 勿論個人差はある。
福田さんや塩川さんのような人達も居る。
そんな人には首相や大臣でなくても、的確なポジションがあると思う。

 森さんやメディアの無責任な発言とは別に、
福田さんは置かれた状況を冷静に読んでいるようにお見受けした。

Tb to
<福田元長官>後継首相は靖国参拝自粛を TV番組で語る [ 04月30日 19時15分 ] 毎日新聞
[PR]
by oooo0 | 2006-05-01 00:00 | 世事
<< ブログの更新が滞っているけど、... アチャラの都合を日本国内に波及... >>