アチャラの都合を日本国内に波及させない為の方策、竹島と拉致家族の大統領面会

 韓国の統一地方選に向けて盧武鉉現政権支持票拡大対策に持ち出された竹島問題。

 アメリカの軍備再編資金を国内外から1$でも多く拠出する為にナリフリ構わぬブッシュ大統領に面会が叶う北朝鮮拉致被害者家族。
 
 どちらも似た問題で、アチャラの都合で日本ネタを持ち出されても迷惑な話。
しかも長期的視野に立った話ではなく、
場当たり的で使い廻しのネタ振りで。



 小泉政権5年。
他国Topに塩を送る程に余裕のよっちゃんになったのかと感慨深い感じもしないではない。
けれど、一方で不景気の間、国民が内側の事ばかりに目がいっていて、
グローバルな視野を持てないでいた事をいい事に、
イージーな方法で、
問題を先送りするとか、寝た子を覚まさないメソッドを使うとか、
そんな事ばっかやってていいのかなぁ~と思う。

 何が5年ぽっちで長期政権なのだろう。
功績は大きいけれど、
日本の長期的な方向性まではとても手が回っていないンだなぁ~と改めて感じる。

 そして、マスメディアはそんなンに追随してるばっかで、
使われっ放しで。
もうちょっと受け手を信じて本当の事を正面から発信してもいいのに、と思う。
いっくらマッスだからって、
そろそろ、そういう時期に来ているような気がするんだけど。

Tb to
地名変更、6月にも可能=竹島問題で韓国次官 [ 04月26日 12時42分 ]   共同通信
米大統領との面会に手応え=早紀江さんが会見 [ 04月29日 10時12分 ] 共同通信
[PR]
by oooo0 | 2006-04-29 00:00 | 世事
<< 拉致被害者家族は“成果”を持っ... 毎晩会社で夕飯を食べる人達に会った >>